会社員が稼ぎまくるための二つの方法

誰でも収入は今より多い方がいいと思うことだろう。収入が多くなれば生活も楽になるし、好きなこともたくさんでき、欲しいものがもっと自由に買えるようになるはずだ。

本業が会社員の人であれば、空いた時間に副業でアルバイトをして稼ぎまくることで収入をアップさせる方法がある。しかし会社員の場合、会社から副業はだめだと言われるだろうと思い、諦めている人もいるかもしれない。そういった人は、次の二つのアプローチで考えてみるといいだろう。

一つは、会社員としての仕事に影響を与えないようなアルバイトを選び、正式に会社に言ってアルバイトをするという方法。最近では、アルバイトをしてもいいという会社が増えてきているようで、一度確認してみる価値は十分あるだろう。ある意味、自分の生活は自分で守る、という気概がある人間として評価される可能性もあるかもしれない。

もう一つは、ダブルワークとして取られないような収入を確保する方法。これは、ワンルームマンション経営などがいいだろう。不動産賃貸による収入は、ダブルワークとは取られない会社もある。そもそも、会社が副業を禁止する主な理由は、給与を支払い生活の保障をしているのだから、仕事に最大限の労力を発揮してほしいという思いがあるからだ。しかし不動産賃貸であれば、本業の時間を削って働く必要がないため、容認されるケースが多いのだ。転勤で自宅を貸している人が何のお咎めも受けないのと同じであるため、不動産賃貸経営で稼ぎまくるのは有効な方法と言えるだろう。うまくいけば、安定した定期収入が得られるようになるため、試してみる価値はある。