金融商品投資で稼ぎまくる

お金を稼ぐ方法は普通に働く等たくさんあるが、稼ぎまくるという表現の稼ぎ方となると限られてくるだろう。稼ぎまくるというからには、入ってくる収入がかなり高額でなければしっくりこない表現だからだ。

例えば、大がかりに金融資産に投資をして、配当金や分配金が有り余るほど入ってくるという方法や、手広く事業に投資をしてその事業が成功し、株式公開等によって創業者利益を得る方法などが当てはまるのではないだろうか。事業をするのは一般の人にとってはハードルが高いが、金融資産への投資であれば、たくさん稼ぐことができる可能性はあるだろう。

金融資産投資を行う上で注意すべき点は三つある。
一つ目は、元手を貯めること。投資はある程度まとまった金額にならないと効果が出にくいと言われているため、投資を開始するまでは積立等で地道に貯めておく必要があるだろう。
二つ目は、投資のタイミングだ。元手ができた時点であせって購入銘柄を探す必要はなく、市場が暴落した時に買うなど安く買うことが大切であろう。
三つ目は、売るタイミングだ。これが一番難しいと言う人もいるほど、適切なタイミングで売却することは難しいかもしれない。しかし、目標売却価格を最初に設定し、その金額になったら自動的に売却する等の工夫をすると、ある程度良いタイミングで売れるようになるだろう。

これら三つの点に注意をして投資の経験を積めば、いつしか稼ぎまくることができるようになるはずだ。