大学生が注意しておきたいこと

高校生ぐらいまでは、親や学校からアルバイトが禁止されているか、できてもやることが制限されているのが一般的だろう。そのため、大学生になって制限なくアルバイトができるようになると、面白くて仕方がなくなりアルバイトにのめり込むこともあるようだ。働くのは大変だと感じることもあるはずだが、その分収入がどんどん入ってくるようになると稼ぐ楽しみを感じるようになるかもしれない。そうなると、持てる時間の多くをアルバイトに投入し、稼ぎまくるといった行動に出る場合もあるだろう。

一つのことに熱中するのは大事なことであるし、アルバイトをすることは貴重な社会体験、就労体験にもなるはずで無駄にはならないだろう。しかし、稼ぎまくる場合は大学生の本分である学業への影響は避けられないかもしれない。また、若さに任せて過剰に働いてしまい健康を損ねるというリスクもあるはずだ。

そのため、アルバイトを始めてまだ初心者という段階にある場合は、無理して多くのシフトに入ったり、睡眠時間を削って複数のバイトを掛け持ちするなどの働き方は避ける方がいいだろう。そのうち慣れてきたら、期間限定で稼ぎまくるという選択肢もあるかもしれないが、あくまで、自分の働ける許容範囲をつかめるようになってからそういった働き方をするのが得策かもしれない。

もしくは、時給単価が高い仕事であれば短時間で高収入を得ることが出来るため、そういったアルバイトを選ぶのも得策である。特に家庭教師のアルバイトなどは高収入で人気があり、大学生が稼ぎまくることができるものの一つであるため、検討してみる価値は充分あると言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です